ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

保存食

保存食⑱ 干しイモの作り方 (おまけ:さつまいもジャム・発酵きんとん)

今年初めて、自宅の畑にさつまいもを植えてみました。ツルも食べることができ、実も多彩な食べ方ができてコスパ最強。しかし難点は保存性が良くないこと。すぐに傷んでくるので決して洗わずに、土を払い落とし、もみ殻に入れておくと良いと聞きます。それが…

保存食⑰ しそジュースの作り方 赤だけでなく「青」もサッパリと美味。1年保存できます!

畑仕事をしている方なら「紫蘇が増えすぎて困る..」と嘆く気持ちも想像がつくでしょう。種がこぼれる前に抜いても、抜いても、どんどん生えてきます。しかしこれが一転、ありがたくなるのがジュースを作る時♪ウチでは、赤紫蘇だけでなく「青紫蘇」もジュース…

保存食⑯ 梅干しの作り方 毎日1コは食べたい!血液をアルカリに&疲労物質の乳酸を溜まりにくく!

「梅干しはカラダに良い」とはいうものの、原料は国外産で多量の添加物も入っているものが多く、昔ながらの製法で作られたものは少なくなりました。安く買うことはできますが。昔ながらの梅干しの作り方を紹介しますが、塩分がキツイので食べる量は、1日1/2…

保存食⑮ 春キャベツで!ザワークラウトの作り方

以前、キャベツのリジューベラック(酵素飲料)を作って見事失敗。それ以来、キャベツの発酵食品は作っていなかったのですが春!ということで心機一転、ザワークラウトに挑戦してみました。手軽な発酵食品なので、酵素チャージしたい時はオススメです。お肉…

保存食⑭ 豆のオイル漬け・マリネ・酢大豆の作り方 ガーリック風味で最高!日々の食卓に欠かせない豆メニュー

昔、ホテルの朝食でビーンズマリネを食べて一瞬でハマりすぐに自宅で再現しました。そこからの長いつきあい!「豆腐づくりとおから料理の項」でもさんざん紹介しましたが私は本当に豆が好きで、よく活用しています。重要なタンパク源。自宅の畑でも3~4種の…

保存食⑬ リッチな "魔法のりんご" コンフィチュール TV『あさイチ』で紹介!クリスティーヌ・フェルベールさんのレシピ

フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブションやパティシエのピエール・エルメなど、世界の食通が絶賛するクリスティーヌ・フェルベールさんが『あさイチ』向けに考案したレシピ。市販だとかなり高価なのですが、自宅で作れるなんて嬉しい!様々なスパイスを入…

保存食⑫ お手製ツナの作り方 普段のサラダがグッとリッチに! (おまけ:ツナペーストを作る) ※短期保存向き

ツナ=缶詰というイメージがありますが、実は自宅で作るのも超カンタン!缶詰ではなく手作りにチェンジするだけで一気にリッチになるのでサラダをよく食べる方やツナがお好きな方は、ぜひご自宅で作ってください♪保存は冷蔵庫で10日ほどなので、保存食という…

保存食⑪ 柚子味噌&レモンカード(レモンジャム)の作り方

目が覚めるようなヴィヴィッドな香気&味でほんの少量でも、食事がグッと華やかに、旬な雰囲気になる柚子。いつも旬のモノを食べたい私に、先日起こった素敵なコト!ぼんやりしていて「今年は柚子、逃してしまったな~」と思っていましたが先日の上京時、ブ…

保存食⑩ 干し柿のカンタンな作り方&おすすめの食べ方

トーストを『ジューシーな干し柿×クリームチーズ』で食べるのが好き。そこらのスイーツよりも余程甘くて、これを食べるとしばらくは甘いモノが欲しくなくなってしまう。「柿は身体を冷やす」といわれますが、干し柿は渋を抜いていないのでそれほど心配ないそ…

保存食⑨ 秋。土鍋で煮るりんごジャムのおいしい作り方とアレンジ (土鍋じゃなくてもOK♪)

『夜中にジャムを煮る』というタイトルのエッセイ。本は買わなかったものの、タイトルの響きだけは胸に残っていました。夜中においしいものをつくる楽しみ、わかります♡個人的には「土鍋でジャムを煮る」も負けず劣らずの響きではないかと。気分の問題ですが…

保存食⑧ 食べられる野草!フキの佃煮の作り方 (田舎暮らし向け)

以前、短期の契約社員をした時に2週間に1回ほど、食品製造の仕事がありました。それも工場などで調理するのみならず、なんと山に入って野草を採り、一次加工するところから携わったことがあります。

保存食⑦ きゅうりの佃煮の作り方 ご飯のおともに絶品!

私がご飯のおともにしている、きゅうりの佃煮。これひとつでご飯が何杯でもいける逸品です(そんなに食べませんが)私は畑仕事をしており、大きなきゅうりが沢山とれるのでまとめて大量に作ってストックし、冬まで食べられる保存食に。ぜひ一度作ってみてく…

保存食⑥ 「干し野菜」の作り方 干すだけで栄養価が大幅UP&まるで別物!

大根を干すと、ビタミンB群やカルシウムが10倍に鉄分は約30倍にもUPするそうです!大根以外でも、干し野菜は水分が抜けて甘味が凝縮するので味がグッとおいしくなります。お味噌汁やカレー、炒めものに入れるだけでgood!ひとり暮らしの方、余り野菜…

保存食⑤ 味玉(味付玉子)の作り方 食べごたえをプラスしたい時に 保存しておくだけでいつでも使えます♪

キッチンに常備している一品です。サラダに添えるだけでグッと美味しくなる味玉、大好きです。ズボラな私は味玉を作ることさえ、面倒になることがありますが心を無にしてエイッと作っています。 作るのは一瞬なので!(● ̄  ̄●)

保存食④ 手づくり納豆の作り方 とってもカンタン&匂いも少なく食べやすいです

初めて、納豆を作ってみました!昔ながらの、藁(わら)で包む方法ではなくて単に保存容器に入れて、保温→発酵させるカンタンな方法です。あえて普通の大豆ではなく「青大豆」で作ってみました ♪豆の品種を変えるだけで、いろいろ面白いのが作れます!

保存食③ アンチョビの作り方 コスパ最強!!普通のイワシでたっぷり作れます ♪

よくある小型のイワシではなく、普通のイワシで作るので本気でコスパ最強のアンチョビ、おいしく大量に♡こういう保存食をいくつか作っておくと、味わい深い食卓になりますね。料理嫌いの方にもオススメです(私も料理嫌い!)

保存食② 自家製キムチの作り方 多めに仕込んで手軽に酵素 ♪

ミニマリストの保存食、第二弾は自家製キムチです。スーパーで出回るような「浅漬けタイプ」じゃなくきちんと酵母発酵(薬味を入れて低温で乳酸発酵)させるのでビタミンや酵母、乳酸菌が豊富です ♪ズボラを押してでも作る一品。

保存食① 手づくり味噌の作り方 乳酸菌や酵母が160種も入るパワフルな健康食

私は料理が苦手(それどころかキライなぐらい!)なのですがだからこそ、毎日食べる基本食にこだわり、色んな保存食も作ります。たった数時間の料理で、その後ずっと美味しいモノが食べられる。心身が大喜びするモノを食べれるなら、むしろコスパが良いです…