ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

台湾一周で泊まったおすすめゲストハウス① 台北2軒 イージーマインドゲストハウス & JV'S HOSTEL


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

海外のゲストハウスなんて怖い、というイメージがあったけど
実際泊まってみれば、ゲストハウスマジックにかかってしまい
かなり楽しく過ごしました。
外にいても「早くゲストハウスに帰りたい!」なんて思う日も。
私の台湾一周は、ゲストハウスあってこそ。

台北のゲストハウスは、この2軒しか泊まっていませんが
両方ともおすすめできます。ディープに交流したい場合はぜひ。

ゲストハウスのキッチン

(写真は、台北のイージーマインドゲストハウスのキッチン!)

 

台北のゲストハウス① イージーマインドゲストハウス

 

2014年オープン。
台湾中心部の「中山駅」の近くにあるゲストハウス。
寝室もリビングも、シャワールームもキレイで安心して過ごせました。
私はここで、台湾人の友達(黄さんという)ができて
台中に移動した時は、彼女にバイクで街を案内してもらいました!

旅人の友人、現地の友人ができやすい雰囲気のゲストハウスです。
近場にはナイトマーケット(夜市)や、赤峰街。

台北駅からも中山駅の中間で、両駅から少し離れており
夜間の人通りは少なめでしたが、私は毎晩23:30頃も
普通に歩いていました。

 

住所:台北市大同区承德路一段66號12樓
アクセス:MRT淡水線 中山駅下車。徒歩約7分
     (台北駅と中山駅の間)

 

イージーマインドゲストハウスのリビング


(リビング。ここでみんなで集う。)

 

 

イージーマインドゲストハウスのベッド


(ベッド。仕切りのカーテンはないが、すぐに慣れる。)

 

 

ゲストハウスのテーブル


(ここで食事やPC作業ができる。私はここで友達と出会いました。
 夜になると人が集まり、話に花が咲きます。)

 

 

ゲストハウスの洗い場


(シンク。ここから外をボーッと眺めるのが好きだった、、、

  「いつか死んで、この人生を離れるんだなあ」と、なぜかこの場所で
 くっきりと思ったことを覚えています。
 夜にドライヤーをかけている時に。

 洗濯物を手洗いしたり、歯磨きをしたりする時はここを使います。)

 

 

■ゲストハウスのすぐ近くにあるもの

 

ケーキ屋

 

(ゲストハウスの真向かいにあったケーキ屋さん
 私は毎晩遅く帰っていたので、お店は閉まっていて食べ損ねたけど
 ネーミングだけでもおいしそう!
 種類もたくさんありました。)

 

 

ナイトマーケット

 

(老舗が多く、ご飯が本当においしいと評判の夜市。宿から5分。
 台湾の屋台フードにありつきたいなら、ぜひここに!)

 

 

赤峰街

 

(おしゃれな赤峰街もすぐ近く!カフェや洋服店が立ち並びます。
 WI-FIを使えるお店が多いので、PC作業も問題なくできます ♪
 私はカフェ巡りを楽しみました。)

 

 

台北のゲストハウス② JV'S HOSTEL

 

ゲストハウスの扉

 

ここも超オススメのゲストハウス!
スタッフが非常に優しく、面倒見がいいのです。
リビングには各国の旅人が集い、エネルギッシュに話します。
私はここであろうことか、恋におちるハメになるわけですが...。
(そういう意味でも思い出のゲストハウス。)


この宿のいいところは、希望者は皆で朝食に行くこと!
朝の9時半にリビング(or玄関辺り)に集まり、近くの店に
スタッフが連れて行ってくれます。

ひとり旅で、色んな国の方とカジュアルに交流したい場合は
この朝食会に参加するのがおすすめです。

 

住所:2F, No.57, Aly.50 Ln.39, Tonghua St., 台北, 台湾
アクセス:信義安和駅
     (台北101から1.5キロほど)

 

 

■ゲストハウスのすぐ近くにあるもの

 

夜市


臨江街夜市

信義安和駅を出て、ゲストハウスに向かう道に夜市が!
ここでも臭豆腐・種類豊富なタルト・魚の湯葉巻きなど
屋台グルメが所狭しと並んでいます。

夕食はここで廉価に済ませることが可能です。

 

台北のファッションビル


台北101

ひと駅ぶん歩けば、台北101(スカイツリーみたいなビル)に到着。
お土産購入、フードコード、さまざまなグッズ、展望台と
多少ベタではありますが、楽しむことができます。