ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

花蓮おすすめ観光まとめ カフェ「時光1939」・花蓮文化創意産業園区・阿之寶など


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

交通の便が良くない(花蓮駅⇔街の中心地が離れている)ので
バスやタクシーを上手に使うことが必須の花蓮。

私は2泊しましたが「早く出たい!」と思ったのが正直なところです。
しかし今回は初の海外ひとり旅で、台湾を一周することに拘っていたので
どうにか精一杯楽しもうと思っていたら、素敵なカフェに出会いました。

時光1939

(唯一良かったカフェ、時光1939。)

 

時光1939

 

花蓮の観光に迷っていて、ゆったり時間があるならココ(笑)

もとは1939年(日治時代)に日本人の歯科医が建てた民家。
老朽化し古民家となった建物は改修され、趣深い古本カフェとして
よみがえりました。

お店の様子


いつもは湧いてこない発想すら次々と湧いてくるほど。
空間の"気"と、洗練された本や展示物のおかげでしょうか。
花蓮に長期滞在するとしたら、ここに毎日足を運んでいたと思います。
WI-FIも飛んでいるので、PCを使っている人も多かったです。

ドリンクは拘りのコーヒーや紅茶など、スイーツも充実です。
時々タロットのイベントなんかがあるようです。

 

台湾の雑誌


(置いてある雑誌にインスパイアされ、読めないはずの英文インタビュー記事も
 どうにか読もうと挑戦してしまう。)

 

 

花蓮文化創意産業園区

 

花蓮のリノベーションスポット

 

100年前の造酒工場をリノベーションした複合施設。
26の旧工場があり、展覧会、カフェ、レストラン、ショップなどが
あります。

個人的な感想では、正直あんまり、、、という感じで
そそくさと後にしてしまいました。
台北・高雄のリノベーションスポットを巡った後だったからか?

台湾人の友達に「ここに行きたい」と言った時の反応も微妙でした。


little life shop

 

花蓮のショップ

 

ガイドブックに載っていたので、このお店にも(時光1939のすぐ近く!)
本当に小さいスペースでしたが、可愛い文具やノート、キッチン用具等が
売っています。
私は今回の旅の記念にノートを買いました。


阿之寶 A Zhi Bao

 

花蓮のレストランの外観

 

花蓮のレストラン

 

カフェのご飯

 

このお店もガイドブックに乗っていたので、行ってみました。
1Fは調味料などの食品、2Fは雑貨やバッグ等、3Fはレストラン。

ご飯は普通に"カフェランチ"という感じ。
ショッピング好きの人には良いかもしれませんが、私的にはそれほど。
(何しろミニマリスト移行中なので、、、。)

 

花蓮の海沿いの景色


(サーフィンせずにはいられない陽光!
 しかし海までは少し距離があります。)


 

 

・・・というわけで、おすすめなのはカフェ『時光1939』のみで
あとはレビューでした(ひかえめな表現を心がけました!)

花蓮のディープなところはまだまだあるのかもしれません。
観光される方は、台湾人の方におすすめを聞いた方が良いかも。

 

ちなみにゲストハウスはここにしました!

blog.minimalist-switch.com