ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

心臓ペースメーカー日記 術後8か月で海外旅行した時に注意したこと


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

手術から8か月が経った頃、初めての「海外一人旅」を決行!
超・方向音痴で、一人で海外旅行なんて考えてもいませんでしたが
病後のリフレッシュも兼ねて、15日間かけて台湾を一周しました。

突然病気をすると、もう旅行なんて遠のいてしまうイメージですが
しっかり準備をすればOKだと感じました。

マンゴーかき氷

(写真は台湾第二の都市。高雄のマンゴーかき氷。)

 

私の旅のこと 


「海外ひとり旅マニュアル」と「旅日記」のカテゴリにまとめています。
今後も、各国にプチ滞在したいという強い思いがあります。

 

blog.minimalist-switch.com

 

blog.minimalist-switch.com

 

 

事前準備

 

  • 医師の『英文診断書』をもらう

  • 『心臓ペースメーカー手帳』の重要部分を複数部コピーしておく

  • 自分の病気を説明する最低限の英語を覚えておく

  • 現地の病院(日本語対応OK)をリスト化し
    現地で携帯できる状態にしておく
    (※私は念のため、地図まで準備しました)

  • 現地の交通機関での移動など、注意事項をよくリサーチする
    (私は「台湾 心臓ペースメーカー」などと
     いろいろな文言で検索し、調べまくりました。)



私は今回、初めての海外ひとり旅だったので
大袈裟なぐらい準備をしました。

たとえ慣れている国であっても、旅先では何が起こるか分からないので
持病持ちの方は、厳密に準備することをおすすめします。

 

 

f:id:beinginthepink:20161003132950j:plain


空港の金属探知機も絶対NG。絶対に通過しないようにしてください。

 一部の途上国などでは、係員がよく分かっておらず「通過しろ!」と
 強く言ってくる場合もあるそうですが、通ってはいけません。
 痛ましい死亡事例もあります。

 ネットで検索すると出てくると思います。)

 

 

 

持病持ちでも入れる海外旅行保険について

 

私は迷わず「AIU海外旅行保険」を選びました。
持病持ちでも入れる、唯一の保険です(2016年10月時点)

www.kaigaihoken.jp

 

 

旅先で注意したこと

 

  • 過剰に体力を消耗しすぎないようにする

  • 質の良い睡眠をとる

  • 乗り物(バス・電車など)は急発進が多いので
    転倒しないようにしっかりつかまる

  • ゲストハウスに宿泊する場合は、IHのキッチンには近づかない

  • あまりに古いゲストハウスには宿泊しない(漏電など心配)

  • 緊急時に必要なものは常に携帯する(手荷物で)
    心臓ペースメーカー手帳のコピー、英文診断書など

  • タイマッサージなどは、心臓ペースメーカー使用者は
    NGとされている
    (急激に血行を促し心臓に負担をかけるためだそうです。
     日本のマッサージ店でも、注意書きにあります。)

  • 交通機関の使用に注意する
    (たとえばタイの地下鉄であるMRT。金属探知機があるので
     ペースメーカー患者は、駅員に断るなどしているらしいです。
     そのまま通過するのはNGだと思います。)

 

 


上記のことに注意しながら、慎重に旅を進める予定が
旅先では「1日10時間」ぐらい歩いた日もあります。
気持ちが高揚しているせいか、全く疲労感がありませんでした。

ふくらはぎは第二の心臓という言葉もあるように
沢山歩くのは健康にも良いので、疲れすぎない程度に街歩きするのは
良いんじゃないかな~と個人的には思ってます。

 

 

 

f:id:beinginthepink:20161003132817j:plain


(とてもドキドキしていた初日の夜。

 台北で道に迷い、タピオカミルクティーを飲んで
 道端で休んでいる写真です・笑)