ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

ウィリアム・レーネンさんのツイートまとめ 感情の中心から出たものを実行に移す生き方


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

ウィリアム・レーネンさんの本を何冊か読んだことがあって
ツイッターを見つけた時は興奮して一気に読みました。
彼は作家でサイキッカーだけれど、日々のツイートだけでも充分に
この世界に貢献していると思う。

今は、不倫とか隠しごとはどんどん明るみに出ることになっている。
でも大きくチェンジできるという意味で、こんな良いことはないと思う。
破裂してしまった後は、ガラッと生き方を変えられるのだから。

 


昔ならどんな状況だろうと、混迷の只中にいようと
そのまま続行が可能だったと思うけれど、今は違って
本来の自分に不必要なものは、手放してバージョンアップしてかないと
厳しいんだと思う。


私は病気をきっかけに、いろんな我を手放していこうとしていて
ずいぶんと七転八倒しました、この1年。

普通は病気をしたら「生きているだけで幸せだ」ってなるはずでしょうが
私の場合、生きているだけで幸せだと思いつつも
元の自分にクルッと戻ってしまいました、何度も。

あれがいい、これはイヤだという思いが未だに沢山よみがえるのは
悪いのかな?欲深すぎるのかな?死にかけたのに?と悩んでましたが
今は「しなければならない」をやめて「したい」ことをするので
良いのだというところに落ち着いています。



自分の感情としっかり繋がって
感情から出たものを実行に移すこと、変な計算とか
頭で考えたことじゃなくて。
むしろ今はそうしないと上手くいかないんだと思う。


自分の心とだけしっかりつながっていればうまくいく。

 

旅や仕事の時にそれを実感したんだった。

めちゃくちゃ当たり前のことかもしれないけど
改めてこう言い聞かせながら暮らしています。
最近こんがらかっていた!