ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

冷えとり的 食養&温活で「どうなりたいのか」をリスト化しておく


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

冷えとり健康法&軽い食養をしていても、時々ひどくベースが乱れ
暴食(というかエンドレスなつまみ食い)をしてしまうことがあります。
そういう時に、何のためにやっているのか具体的にリスト化しておくと
大きくベースを崩さなくて済むのでオススメです。

美に対しての意識が高くなく、いつも目の前の食べものに飛びつくことを
優先してしまうので、私の場合これがないとダメです(笑)

 

私の食養

 

1. 肉・卵などの動物性食品は週2回ぐらい

2. コーヒーなど、身体を冷やすものを減らす
 (生野菜サラダは大好きなので、食べて運動する方針にしています。)

3. 白砂糖やジャンクフードをやめる

4. 良いものを摂る
 (身体を温めるもの、栄養になるもの、酵素、野草など)

5. 食事内容をレコーディングする
 (いま止まってしまっています!)

 

 

私の温活

 

1. 冷えとりをする(半身浴、下半身の保温、少食、心の冷えをとる)

2. 筋トレ、運動をする

3. 規則正しい生活をする

 

 

食養&温活でどうなりたいのか

 

  • ずっと健康体であり続ける
  • 身体を強くする(体力、体温、体調、消化力UP)
  • 疲れると出てくる、目の下のクマを完全に消す
  • シミ予備軍を消す
  • 健康な肌と髪を守る
  • 瞳をきれいな状態にキープする
  • コレストロールを減らす
  • 心身ともに若くある
  • 深く眠れるようになる
  • 慢性疲労やだるさをなおす
  • 心の状態をよくする
  • 感性を豊かにする
  • 腸をキレイにして、栄養を効率よくとりこめるようにする
  • おしゃれを楽しめるようにする
  • 直観をさらに上げる

 

 

冷えがピークだった過去のこと

 

東京に8年住んでいたのですが、後半が「冷え」のピークでした。
毎月のように風邪をひき、何度も肺炎になり
周囲からも「いつも風邪だよね」と言われるような存在でした。

ライブも、旅行も、友達と遊ぶときも、いつも風邪。
海外でも風邪。

食もかなり細かったですが、栄養バランスが悪いせいか
いつもスナック菓子を食べなければ気が済まなく、深夜でも買いに行きました。

あまりに体調が悪く、遊んでいても楽しくないレベルで
本当に年がら年中「風邪と体調」のことしか考えていないような
生活でした。
無駄にエネルギーがかかる暮らしでしたね。


冷えッ冷えの住環境・食生活・服装だったと
いまふり返るとゾッとします。



田舎に戻って5年、冷えとりを始めて4年。
ようやく人並みの体調には戻れたと実感しています。

冷えやすい環境にいる方には、早めの改善をおすすめします。
溜まってくると、元に戻すのも大変ですから...(経験談)