ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

一眼レフのある暮らし ガラリと変化した日常。撮影はまるで瞑想みたい!


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

自分は写真センスないだろうな...って薄々わかっていたけれど
この春に一眼レフを購入したのは

  • カメラを持って町を歩き回りたいから
  • 写真教室の先生(86歳の写真家)が魅力的すぎるから
  • 自分が今後始める仕事の写真を綺麗に撮りたいから
  • 海外での撮影を楽しみたいから
  • 高齢の両親の認知症対策....!(←これも重要)

f:id:beinginthepink:20160820160217j:plain

(生まれた町に行って撮影。東京で暮らしてた頃はよく夢に出てきた。)

 

突発的に購入しました。

私の経済状況&今後の予定(仕事と旅)から考えると
ちょっとありえない行動なのですが、結果的には◎です。



大・断捨離の後にもかかわらず、この1年も色々と買い物を
してきて(自然に集まってきたともいえる)
日々使い、暮らしの質がグンと上がるものなら
むしろ早めに揃えたほうがいいという結論に
なってきているので、思いきって飛び込みました。



炊飯用土鍋▶(リンク)土鍋ご飯でオージャス・フルネス! 土・火・水・風の四元素がそろった食事 


燻製鍋▶(リンク)燻製ライフ① 自家製ベーコンの作り方 時短&コスパ最強の三鈴陶器の燻製鍋がおすすめ 


ホームベーカリー▶(リンク)おすすめホームベーカリー アレンジ無限♡ 最高のパンを堪能の日々!



とにかくいろいろ撮るのが楽しい!

 

撮影という口実のもとに、町をぶらぶら歩いているのですが
いつもより、風景がヴィヴィッドに、美しく見えました。

普段どれだけ平面的に見ていたのか。目から鱗の連続でした。

目に映るものが異常に美しく、近所を歩いているだけで幸せで
瞑想みたいです。

あまり情緒も感じられない普通の写真を
撮っているだけですが楽しい。

 

 

f:id:beinginthepink:20160820160201j:plain

夕焼けを撮りに行ったり(かなりズーム...盗撮してる気分だった)
1時間ぐらい、ストレッチなどをしながらのんびり
日が沈んでいくのを待ちました。

胡坐をかいて、ZENなモードで。

カメラを持っていなかったら
こんなにのんびり海辺で過ごすこともなかったかもしれない。
家から車で10分ほどなのに。

 

 

f:id:beinginthepink:20160626165523j:plain

地元の池で睡蓮を(これもかなりズームで)

 

f:id:beinginthepink:20160820160328j:plain

クラゲを撮ったり(レンズを水槽にピッタリつけるのがコツ!)


f:id:beinginthepink:20160820160723j:plain

山にも持って行って、あちこち良いアングルを探して...
地元なのですが、旅人の目線になって非常に新鮮。

 

 

f:id:beinginthepink:20160820160346j:plain

普段の食事もなんだかオシャレっぽく撮れて感動!
おいしさも倍増でした。

 

f:id:beinginthepink:20160820160917j:plain

レストランでもパシャリ(トロリとして超絶美味でした)

 

 

f:id:beinginthepink:20160820161022j:plain

自作のキャンドルもより美しく♥
これは日中、カーテンを閉めてキャンドルヨガをしてる時に
撮ったもの。


 

ちなみに普通のデジカメだと...

 

 

f:id:beinginthepink:20160820162450j:plain

対象にフォーカスできず平面的。

 

 

f:id:beinginthepink:20160820162648j:plain

おいしそうだけど...

 

 

写真教室の先生(86歳)が魅力的すぎて

 

会社を経営しながら、世界中、100か国も旅をしてきた先生。
ご高齢ですが、強い瞳で、頭のキレ具合が普通ではありません。

私よりもよっぽどお若いんじゃないかとよく思う。

写真を撮り始めて70年だそうです。


"常識"がガチガチの時代に、自分のしたいことを太くすると
決めて、ずっとブレずに実行してこられたことが凄いと思う。
(今やっとそんな時代になってきたけれど...)

それほどの情熱を持ち続けられるものに出会っただけでも
非常に幸せなこと。


写真への情熱の凄まじさを身近で見ていると
私はしたいことはハッキリしているけれど
これほどの情熱をずっと持っていられるだろうか?と
いつも思います。