ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

ASKA『FUKUOKA』以前の私はもういない 2017年 冬ログ


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

自分の記録として、年4回ログを書いているのですが
前回までと打って変わって、別人のような内容になりそう。

昨年12/24、ASKAの『FUKUOKA』を聴いて
文字通り、人が変わってしまいました。
この2カ月、毎日がLIVE状態。深夜まで聴いてます。
そんな毎日のことが中心になりそうです。

f:id:beinginthepink:20170228134258j:plain

(ASKAの作品を少しずつ集める幸せ!)

 

新米ファンは大パニック!

 

アルバム『too many people』が出たら、めいっぱい聴こうと
思っていましたが、新米ファンにはエネルギーが強すぎるのか
なぜか1日3曲ぐらいしか聴けません。
ゆっくり慣らしていこうと思ってます。


自分は熱中体質ではなく、芸能人や歌手には興味がないので
誰かのファンになることなんて、まずありえないと思ってました。

しかし『FUKUOKA』砲には叶わず...。

12/25以降、人が変わってしまいました。
(過去記事に何度も書いていますが、本当に衝撃だったんです。)

 

 

 再度の断捨離を決行したら!

 

音楽、キャンドル、植物だけの部屋、というぐらい
いつかはシンプルにしていきたいです。

 

数年前、オノ・ヨーコ展に行った時

「何もない空間にソファーだけが置いてあって
 ヨーコさんの歌だけが流れている」

という、衝撃的な一室がありました。
音楽は圧巻で、他には何も要らない...!という体験が忘れられず
いつか私も実現したいと思ったのです。


(その後、ヨーコさんのCDを買い、自宅でやってみましたが
 狂気の限りを表現した声に、怖くなってすぐに止めました...。)

私にとって、それはASKAの声で実現する
ものだったようです。

 

 

 

f:id:beinginthepink:20170228134517j:plain


(リンク)▶断捨離の効果① 最初の1か月で83袋+膨大な資源ごみを
捨てて約半年が経過 - ミニマリストの食事日記



2年前に、病気で手術し、自宅療養をしている時に
ひたすら「断捨離&食事」だけの1カ月間を過ごし
結果、ゴミ袋83コ分を一気に処分したことがある。

その時、部屋が全く別のエネルギーになったことが忘れられず
再度の断捨離を決行しました。

本はメルカリで売りたかったのですが、1冊販売したところで
面倒になってしまい、リサイクルショップに直行。
少しでも早く、クリアにしたかった。

結果、部屋のエネルギーは激変!!

 

 

f:id:beinginthepink:20170228134446j:plain

 

本棚にASKA(C&A)コーナーを作りました。
部屋に行って、この棚を眺めるだけで幸せです。朝、起きた時も。

部屋がパワースポット化しました。

 

 

キャンドルもひたすら制作中

 

f:id:beinginthepink:20170228140712j:plain

 

春に初めての大規模イベントがあるので、それに備えて
日々キャンドルを制作しています。

何度も失敗を繰り返しては削って粉にする、という繰り返しで
気分が落ちたこともありましたが
こういうことは「成功する地点」まで一気に行ってしまった方が
良いと分かっていたので、失敗を気にせず作り続けました。



今日は気温が15℃ぐらいはありそう。外は晴天です。
私の心もだんだん春らしくなってきました。