ミニマリストの食事日記 

新米ASKAファンです。「究極ズボラ&料理嫌いでもカンタンに・ローコストで・高エネルギーな食」を探究中。生きるための原始的な力をとり戻すブログ。2015年の初め、突然の心停止...からの人生リスタート。Uターン移住記・初めての海外ひとり旅マニュアル・海外滞在記も。

断捨離はしたけれど 情報の洪水と格闘しまくった2年間


スポンサーリンク

『ミニマリストの食事日記』はローコスト・カンタンでありながら"上質"な食事法を紹介しています。超ズボラ・料理嫌い・1人暮らしの方向きなので、ぜひ生活スタイルに合わせて取り入れてみてください♪

丸2年間、フルタイムで働くことから降りていました。
我ながら信じがたい決断、しかし自分がやりたいことを形作るため
時々アルバイトをするだけの、ニートの身となることにしたのです。

だがしかし、待っていたのは文字通り「ネット漬け」の日々。
こんなはずではなかった...!という思いの連続でした。
仕事や海外滞在のため、必要なリサーチも多々あったのですが
尋常ならざる量の情報に押し流されていた、というのが実態です。

4月からはフルタイムに復帰。やりたい分野の仕事です。
良い区切りなので、自戒をこめて、この2年間を振り返ります。

f:id:beinginthepink:20170401210551j:plain

(小津安二郎さんの『大学は出たけれど』に被せたタイトルです。
 この言い方が妙に好きで、時々使ってます。)

 

ブログ、コーチングセッション、キャンドル制作、バイトが
中心の日々でしたが、ネット時間も非常に長い2年間でした。

ネットばかりやっていると
脳の松果体がうまく働かなくなる 
聞いたことがありますが、確かに2年前に比べると、弱ってます。

たとえば外に出て、強烈な体験をしても、ぺらっとした感想しか
浮かばず、焦ったことがあります。
ひどく愕然としました。感受性どうなの??以前とは違う!と。

 


ネット漬けだった2年間を経て、ここから折り返すつもりです。

多くの失敗も重ねましたが、その分
「このやり方は機能しない」「今は自分の中心に座していない」など
得たもの、分かるようになったことも多いです。


 

2015年初め 最初のきっかけ

 

大病で手術し、自宅療養の身となったことです。
過去の記事に何度も書いているので割愛しますが
これがきっかけで、自分の人生を丸ごと見直すことに。

初めて断捨離に取り組み、最初の1カ月で83袋を処分。
ここから人生が展開していく...はずだったのですが
根深い癖の浄化はまだ終わっていません。

 

 

2015年夏 このブログを始める

 

「ミニマリスト」という単語がささやかれ始めて1年弱。

「超ズボラでも・ミニマムな手間で・上質な食事」について
綴ったブログを作ろうと思い至りました。

病後のリアルな情報(ネット上に少なかった)
断捨離、田舎暮らし、各種保存食、と書きたいテーマが尽きず
一気に書いてしまおうと思ったのです。



それは楽しい時間でしたが、ネット上で時間を費やしすぎです。
頭が常にボンヤリ。

ブログのカスタマイズ、マネタイズなど、仕組みの面を含め
ひたすらリサーチの日々が続きました。
(良き出会いが多々あったことだけが宝です)

 

 

2015年秋 初めての海外ひとり旅 台湾

 

「自分には絶対ムリ」と思っていましたが、術後8カ月でトライ。

何をどう調べればいいのかも分からない段階からのスタートは
困難を極め、最後はほとんどパニックになりながら出国しました。

旅ブロガーの記事を読みまくり、リサーチにリサーチを重ねる日々。



「人に質問する」ことは極力避け、全て自力でやろうと思いました。
そうしないと頭に入らないタイプなのです。

(そして帰国後も、ひたすらブログを書いていたようです。
 他には、コーチングセッションに力を入れていた時期でした。)

 

 

2016年夏 キャンドル制作を始める

 

ふとネットで、3本のキャンドルを取り寄せてみたことから
自分の中でブームが湧きおこり、猛然と制作する日々が始まります。

ゼロからの独学のため、ひたすらネットでリサーチしまくり
目を皿にして観察もしながらの制作でした。



ここから、失敗に次ぐ失敗に次ぐ失敗に次ぐ失敗...の日々が
延々と続きます。

ネットに逃避し、さまざまな記事を読み漁るようになりました。

 

 

2016年秋 タイ滞在を試みるも "出国2日前" に頓挫

 

海外ひとり旅2カ国目。1カ月間滞在しようと思いました。
キャンドル材料の買い出しと、手習いも兼ねるつもりでした。

台湾に行くよりも難易度が上がるため、より一層入念に
リサーチ、リサーチ、リサーチの日々を送りました。



しかし出国2日前になり、プミポン国王が死去。
「最悪、暴動が起きるかも...」と不安になった私は
泣く泣く、旅をとりやめることにしました。

 

 

2016年冬 一夜にして、超絶ASKAファンになる

 

クリスマスイブに突如、新曲『FUKUOKA』がYoutubeで解禁。

それまで「音楽嫌いの無音好き」で、何ひとつ聴かなかった私も
FUKUOKAの一撃には叶いませんでした。

猛烈な、急性ASKA中毒。
翌朝から、ASKAの楽曲を手当たり次第、聴き続けました。
文字通り、朝から晩まで。

ASKAのブログも読みまくりました。深夜まで。
FUKUOKAに撃ち抜かれましたが、文章にはもっと弱い私です。


それまで芸能人や歌手には一切興味がありませんでしたが
初めて、誰かのファンというものになりました。
ファンというより(大きな声では言えませんが)正直、崇拝レベル。

何もかもを知りたく、ネット上の『700番』
先輩ASKAファンの方々のブログを読みふけり
ツイッターで多くの方と繋がりました。



夜になると「何でもいいからASKAの情報が欲しい...」と
ネット上をいつまでも探し回るようになりました。



ASKAファンには、文章力・感性・洞察など素晴らしい方が
多くいらっしゃり、大変勉強になっています。
そうじゃなくても、率直な感情を見聞きできるのは楽しいです。
有意義な時間でしたし、今後も交流を続けたいです。



逃避が入りすぎていた自分の問題です。
直していこうと思います。



この2年を経て、ようやく良いネットの使い方が
分かり始めてきたような気がするので、春から実行します。

(この話、まだまだ書き足りない。
 追記するか、あたらしく記事を書くかもしれません。)